キャットフードの種類

キャットフードの種類は?

キャットフードの種類には含まれる水分によってわける方法と、用途によってわける方法があります。
水分によってわける方法は、水分含有量10%以下のドライフード、水分含有量75%以上のウェットフード、その間の半生タイプのセミモイストフードです。
用途によって分ける方法は「総合栄養食」「間食」「その他の目的食」にわけられます。

水分でわける方法

ドライフード

ごく一般にキャットフードといえば、思い出すのがドライフードだと思います。
固形のカリカリに乾燥させたフードです。
猫のご飯として栄養バランスを保てます。
激安のものから高級なものまで種類が豊富で、味のバリエーションも多彩です。
年齢による種類や、肥満対策がされているドライフードが販売されています。
ドライフードのメリットは保存しやすく、硬さがあるので、猫のアゴを鍛え、 歯石の除去をする事が出来るのが特徴です。
そのために、歯周病予防にもなります。
便の状態を一定に保つことができます。
開封後にしっかりと密閉管理をすることで長期保存が出来ますが、保存方法が悪いと雑菌が繁殖したち、風味が飛んだりする恐れがあります。
水分量が13%を超えると「カビ」が生えてしまいます。
そして、ドライフードをあげる場合は、必ず新鮮な水をたっぷり用意して、いつでも飲めるようにしてあげましょう。

ウェットフード

ウェットフードは、パウチ包装や缶詰になっています。
肉や魚の素材の臭いや味が強く出ている物で、猫にとっての満足度が高いフードです。
種類も豊富ですが、値段の高いものが多いです。
開封すると冷蔵庫に入れても1日程度しか保存できません。
食べ残したものは20分程度で捨てて、出しっぱなしにしないでください。
また、歯石がつきやすく、食べかすが口臭の原因にもなります。

セミモイストフード(半生タイプ)

ドライフードとウェットフードの中間タイプです。
セミモイストキャットフードは水分含量が25~35%程度発泡していないキャットフードです。
柔らかい感触なので子猫や老猫は食べやすいです。
でも、歯垢がつきやすいので注意が必要です。
品質保持のために砂糖や防カビ剤等の添加物を使用しています、また、水分保持のために湿潤調整剤を添加しています。
なお、水分含量は同じでも、加熱発泡処理されているものはソフトドライフードとして区別されます。

用途でわける方法

総合栄養食

総合栄養食とは、このフードとお水だけで猫の健康を維持できるキャットフードです。
ほとんどのドライフードはこの「総合栄養食」で、基本的に、猫に毎日与えるのはこの総合栄養食のキャットフードとなります。
ものによっては成分表の近くに小さく記載されていることもあります。

間食など(おやつ)

猫の気分転換のおやつやご褒美として少量与えるもので、総合栄養食のドライフードと区別がつかないもの、カツオやささみを丸々加熱したものなど、いろいろな種類があります。
総合栄養食として作られているわけではないので、それだけを大量に与え続けると栄養が偏り、肥満や病気になることもあります。
与えてよい量は、猫が1日に摂取して良いカロリーの約10~20%までです。

その他の目的食

猫に必要な栄養素を集中的に摂取できる「療法食」や、味が濃く食いつきの良い「副食(一般食)などがあります。
パッケージには「一般食(おかずタイプ)」「一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)」「カロリー補給食」「副食」などと表示されています。
そのほか最近は、毛球ケア、歯垢がつきにくくなる、胃腸の弱い子用、妊娠・授乳期用、アレルギー対策用、猫種別様専門フードなどがあります。
これらのキャットフードが必要な場合、まずは与え方を獣医さんに相談して、それぞれのフードあげるとよいでしょう。

キャットフードにはいろいろな種類があります。
おおまかな違いはこちらを参考にしましょう。
猫と毎日楽しく健康に生活していけるように、考えてあげましょう。