ウェットフードの一般食

キャットフードの「総合栄養食」と「一般食」の違い

「総合栄養食」とは、公正取引委員会が認定したペットフード業界の団体「ペットフード公正取引協議会」が定める基準を満たした毎日の主要な食事として与えるためのフードですが、「一般食」は、副食として販売されているキャットフードです。
缶詰やレトルトの多くがこの一般食に位置づけられ、総合栄養食と共に与えるようパッケージに記載されています。
「一般食」の特徴は、エネルギー補給や特定の栄養素をしっかりとれるように作られているということなので、一つの食事としては、栄養がとても偏ってしまいます。
そのため必ず総合栄養食と一緒に組み合わせて与えるようにしなくてはいけません。

「一般食」には二種類あります


栄養補助食

おかずやふりかけタイプで、 不足しがちな栄養素を積極的にとらせてあげるためのものが多いです。
外見や品種の違い、飼い方の違い、性格の違いなどで、本当に必要な栄養素は猫それぞれで微妙に違ってきます。
そんな時に不足がちな栄養を補う目的で「一般食」を与えます。
人間の、サプリメントのようなものです。
運動量が多い年頃の猫にはカロリーの補給のためのタイプや妊娠・授乳期に与えたい栄養素が入ったタイプもあります。
その他、毛玉をうまく吐けなくてお腹にたまってしまう猫用の毛玉ケアタイプ。
皮膚炎や、かゆみがひどい猫用のアレルギータイプ。
口臭が臭かったり、食べかすがたまったりしてしまう猫用の歯石予防タイプなど、その時の体調、食事のケアなどに一品加えるとても効果的です。

特別療養食

特定の病気になった際に、獣医の指導によって決められるフードです。
病気に対する食事のケアのための一般食で、特定の疾患や疾病に対する食事療法のために栄養バランスが考慮されているフードです。
又、病気になっていなくても、肥満防止、腎臓病防止、尿結石をできにくくするなどのためのフードもあります。

また、「総合栄養食」「一般食」とは別に、おやつ「間食」の分類のフードもありますが、おやつ「間食」はあくまでごほうび的な役割であり、あげすぎると肥満や病気の原因になりかねません。
「間食」と「一般食」とは、しっかりと区別しましょう。